不用品回収の違法性やトラブル!厳格な横浜だって被害ゼロじゃない!

家庭ゴミは一般廃棄物と産業廃棄物に区分けがなされている。横浜市が指定した不用品回収業者であれば車両に4桁の数字がある。確認してから依頼を。

off
2019年1月20日 横浜で不用品回収を頼むなら

横浜に引越しました。軽トラの不用品回収に依頼しても大丈夫?

違法な不用品回収とそのトラブルは、横浜だけではなく全国の自治体でも後を絶ちません。

まずは街宣しながら回収している業者を呼び止めないこと。

許可証で確認することを徹底しましょう。

▽厳しい取締りで有名な横浜でも違法が横行。

どこの自治体でも不用品回収を違法に行なう業者は後を絶ちませんが、厳しく取り締まっているはずの横浜でも、違法な業者の取締りはイタチごっこで頭を悩ませています。

自治体が取締りを強化しているということは、横浜市の市民にとってもプラスではないということ。

違法な不用品回収業者によって、料金トラブルや居直り回収、強引な不用品回収などが多発しています。

▽横浜市指定の業者かどうかを許可証で確認。

まず目の前に来ているその事業者を呼び止めないことが大事。

次に『一般廃棄物収集運搬業』の許可業者かどうかを確認してください。

許可業者であれば必ず許可証を携帯しているはずです。

また横浜市から許可を受けた事業者は、軽トラなどでやかましく街宣しながら、あちらこちらを走ることはありません。

さらに『不用品回収無料で処分!』などというチラシもポスティングされています。

無料ではありません!注意してください。

▽チラシ広告を見て不要品回収を依頼したら、法外な料金を請求されたというような苦情や相談が多数寄せられています。

『不用品回収無料』というのは、違法な回収業者がよく使う手口です。

横浜でも常態化しています。

依頼すると「無料なのは××だけでコレは有料になる」と、勝手に積み込み作業を始めてしまいます。

あとは高額な不用品回収料金を請求されるだけです。