不用品回収の違法性やトラブル!厳格な横浜だって被害ゼロじゃない!

家庭ゴミは一般廃棄物と産業廃棄物に区分けがなされている。横浜市が指定した不用品回収業者であれば車両に4桁の数字がある。確認してから依頼を。

off
2019年3月5日 不用品回収は違法業者に注意

横浜で、違法な不用品回収業者のターゲットになりやすいのは?

不用品回収は、家の下まで来てくれる街宣車を呼び止めるのが便利と思っている人もいるのではないでしょうか。

でもそれをしてしまうと業者の思うツボ。

横浜でも、狙われるのは昼時の主婦・高齢者宅です。

▽昼時の主婦層・高齢者が違法者の狙い目。

横浜市が定める「一般廃棄物収集運搬業許可業者」について、また「家庭ごみの分け方・出し方」については、それぞれホームページで確認することができます。

時間のあるときに調べておきましょう。

不用品回収の違法業者が行なう常套手段には、軽トラックによる回収とチラシのポスティング等による回収の2通りがあります。

街宣車は主に主婦や高齢者が在宅中の昼~午後の3時頃を狙って回ってきます。

▽青竹より違法な不用品回収で効率よく稼ぐ!?

違法業者のあいだでは、「昔は青竹・物干し売り、現代は不用品回収」と言われるようになっています。

女性や高齢者しかいない昼の時間帯を狙い街宣車を巡回させれば、青竹よりも効率よく、高額な稼ぎができるからです。

横浜市でも取締りを強化していますが、なかなかトラブルになる前に業者を摘発するのは困難な状況にあります。

自己防衛に徹するしかありません。

▽主婦層・高齢者の住宅街を狙った不法な不用品回収業者。

横浜市のホームページでその実態や被害を認知しておきましょう。

トラブルに巻き込まれてからでは、奪い取られた高額な費用を取り返すのは困難です。

また現金の被害にあっていなくても、強引なやり口にトラウマとなってしまう人もいます。

横浜市の取締強化にも限界があり、あとは個人がしっかりした認識を身に付けるしかありません。

◎どうせなら廃棄せず不用品を有効活用しましょう:https://www.moneypost.jp/397164