不用品回収の違法性やトラブル!厳格な横浜だって被害ゼロじゃない!

家庭ゴミは一般廃棄物と産業廃棄物に区分けがなされている。横浜市が指定した不用品回収業者であれば車両に4桁の数字がある。確認してから依頼を。

off
2019年3月18日 不用品回収と請求料金

無料引取の不用品回収。便利でも、横浜ではソレもダメなの?

「無料引取の不用品回収」は、横浜でも違法な不用品回収業者の常套手段。

正規の料金よりも数倍高い請求額が待っています。

環境汚染につながる可能性も大きいのです。

▽無料という甘い言葉に隠された被害・環境汚染。

無料で引き取るのには、不法な不用品回収業者の狙いがあります。

1つは、無料という言葉で客を引き寄せて、高額な回収費用をせしめようとする企み。

2つめはリサイクル法(家電)に違反してでも回収して、それを欲しがっている業者に転売し、二重の儲けをしようという企みです。

しかし不用品回収には歴然としたルールがあり、家電製品には、フロンや鉛、砒素といった有害物質を含んでいるため、適正に回収されないと環境汚染につながる危険があります。

▽法外な回収費用でも泣き寝入りするしかない!?

たとえ無料であっても、不法な不用品回収業者に頼んではいけない理由は、横浜市のホームページなどから、トラブル事例を見てもらえれば納得できると思います。

横浜市では、法外な回収費用で泣き寝入りするしかなくなる横浜市民を守るためにも取締は強化しています。

しかし現実には1人1人の被害と向き合うことはできません。

無料とはうたっていても実態とはかけ離れたワナでしかありません。

▽被害にあってからあの不用品回収業者は詐欺だウソだと騒いでも後の祭り~。

無料回収には手を出さないことです。

横浜市民であってもなくても、不用品回収は市民の税金で賄われています。

適正であって自分たちが収めたお金が元手なのに、その機能を使わないのは損なことです。

そのうえ高額な費用まで奪い取られ、嫌な思いをし、それでもいいのでしょうか。