資金の運用方法

新着記事

  • 資金の運用方法

    不動産担保ローンを使って、自分名義の土地や親族の所有している不動産を担保にして必要な資金を調達することができます。

  • リバースモーゲージとは

    高齢化社会において、自宅を担保にして資金を借り入れて、老人ホームの入居に当てるリバースモーゲージという不動産担保ローンが流行しています。

資金の運用方法

不動産担保ローンという方法を使えば現在自分の名義の不動産と自分が受け継いだ不動産または、今の持ち主が同意して引き継いだ不動産を担保にすることができます。

そのため、様々な理由で資金が必要な時に自宅やマンションを担保にして借り入れをする人もいます。

さらに、不動産担保ローンの利点は、借りたお金の使用方法を自分で決めることができるので、面倒な制限がなく、各自が自分の必要に合わせて使用できます。

では、不動産担保ローンで借りたお金をどのように運用することが出来るでしょうか?例えば、教育の資金に当てることができます。

子供が学校に通いだして、大きくなって医療系の学校に通うようになれば予想以上の資金が必要になります。

もし子供が2人、3人いて全ての子供たちが大学に進学するとなると、かかる教育資金は大きな額になります。

そのため、不動産担保ローンを使って、自分名義の土地や親族の所有している不動産を担保にして必要な資金を調達することができます。

申込み方はとても簡単で、まず借りる本人が必要な書類に記入して、ローンの会社に送付します。

会社は記入された書類を元に、担保となる不動産の仮査定と信用情報調査をします。

審査が通ったら必要な書類をもって、実際に会社に出向いて手続きをすることができます。

実際に融資された金額を受け取るときに、審査の費用として、融資される金額の0.5パーセントの額が差し引かれ、1.5パーセントの事務手数料も加味されます。