キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 メリットとデメリット : 【疑問点解決】不動産担保ローンの達人

メリットとデメリット

新着記事

  • 資金の運用方法

    不動産担保ローンを使って、自分名義の土地や親族の所有している不動産を担保にして必要な資金を調達することができます。

  • リバースモーゲージとは

    高齢化社会において、自宅を担保にして資金を借り入れて、老人ホームの入居に当てるリバースモーゲージという不動産担保ローンが流行しています。

メリットとデメリット

自分や親族の名義の不動産を担保にしてお金を借りることが出来る不動産担保ローンですが、借りる前にメリットとデメリットを知っておく必要があります。

メリットとして一番の特徴は、金利が低いということです。

お金を借りる時に、自分の不動産を担保にしているので、無担保で借りるローンと比べると金利を安くすることができます。

そして、担保になってる不動産を元にお金を借りるので、不動産の価値が高ければ高い額の借り入れを行うこともできます。

例えば、子供が父母の家をリフォームしたいと思ったときに、費用が何百万円も必要なわけですが、不動産担保ローンを利用して、自分の自宅を担保にお金を借り、資金を調達することもできます。

実際に、自分の在宅を担保にしてお金を借りて、父母の家を全てバリアフリーにした人もいます。

さらに、不動産担保ローンはフリーローンなので、家のリフォームのために使ったり、個人で事業を始める上での資金にしたり、子供たちの教育のために利用したりといろいろな用途で利用できます。

しかし、デメリットもあり、不動産を担保にお金を借りるので、もしも借りたお金を返済できない時には、金融会社が不動産を売却して、売却した金の中から資金を回収することがあります。

そのため、自分の自宅を担保にしている場合には、もしも返済できなと自宅を回収の対象として抑えられることもあります。

それで、ローンを利用する前には、メリットをとデメリットをよく把握してから決定するのが賢明です。