キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 リバースモーゲージとは : 【疑問点解決】不動産担保ローンの達人

リバースモーゲージとは

新着記事

  • 資金の運用方法

    不動産担保ローンを使って、自分名義の土地や親族の所有している不動産を担保にして必要な資金を調達することができます。

  • リバースモーゲージとは

    高齢化社会において、自宅を担保にして資金を借り入れて、老人ホームの入居に当てるリバースモーゲージという不動産担保ローンが流行しています。

リバースモーゲージとは

近年の日本は高齢化していることが問題視されています。

実際に老齢の夫婦だけで生活していて、配偶者が亡くなって一人暮らしをしているお年寄りも少なくありません。

子供たちは既に独立していて、自分の自宅もあり、家族のことも考えると、老齢の親と一緒に暮らすというのは難しい選択です。

さらには、老齢の親も誰かに助けてもらわなくてはいけなくても、子供たちに迷惑をかけたくないと思っている人も少なくありません。

それで、一層のこと今住んでいる家を売って、老人ホームで暮らすことを考える高齢者もいます。

しかし、実際に自宅を処分して売るのは簡単なことではありません。

そこで今流行っているのが、自宅を担保にして資金を借り入れて、老人ホームの入居に当てるリバースモーゲージという不動産担保ローンです。

関連リンク⇒【http://bylines.news.yahoo.co.jp/morimotonoriyuki/20130620-00025826/

このリバースモーゲージが終わるのは、期間の満了時と契約者が死亡した時で、担保にされた家や土地は金融機関によって売却されます。

このタイプの不動産担保ローンは子供と同居していない親が対象で、不動産の名義も本人か配偶者のものに限られます。

そのため、現在子供と同居している、または、既に家を子供に譲ってしまった人は対象外になるので、よく考えて申請する必要があります。

不動産を子供たちに残しても、いつ売れるかわからないので、自分たちで処分して、その代わりに老後の世話をさせたくない人にはいいかもしれません。